標準報酬額計算

税理士法人神戸会計事務所平成26年9月4日現在
(単位:円)

1.顧問報酬月額

基本報酬
20,000
×組織係数×消費税係数1 ×売上高係数×部門係数1 =報酬額

2.記帳報酬月額

(1)記帳代行

基本報酬
12,000
×伝票係数×消費税係数1 ×売上高係数×部門係数2 =報酬額
売上高に比して過度に仕訳件数が多いまたは少ない場合は50%の範囲で調整

(2)出張指導(記帳又は月次決算)

基本報酬月3時間まで超過報酬
20,000 10,000 /時間税理士
15,000 7,000 /時間税理士補助者

3.消費税申告報酬

(基本報酬
30,000
+売上×0.0002) ×消費税係数2 =報酬額(還付の場合+還付金×2%)
(50,000 :顧問契約がない場合)

4.法人決算及び法人税申告報酬

基本報酬
100,000
+(売上+総資本+当期利益+役員報酬)×0.0003 =報酬額
(150,000 :顧問契約がない場合)

5.源泉所得税

基本報酬
20,000
+人数比例額
1,000 /人
(30,000 :顧問契約がない場合)
年末調整・支払調書・合計表・給与支払報告書作成等

6.税務調査立会等

日当50,000 (実働7時間程度)
立会・準備・折衝等、調査通知から調査終了までの諸業務

7.修正申告報酬

確定申告報酬の50%

8.出張費

3,000 ×往復所要時間税理士
2,000 ×往復所要時間税理士補助者

※ 係数

組織係数
個人白色0.80
個人青色1.00
法人1.20
消費税係数1 係数2
免税1.0
簡易1.1 1.0
本則1.3 2.0
売上高係数
5千万円未満1.0
5千万円以上5千万円を超えるごとに10%加算(+(売上÷5千万-1)×10%)
係数1 係数2
部門係数1部門ごとに25%加算50%加算(部門管理なし25%)
伝票係数
記帳チェック0.6
指定伝票1.0
市販伝票1.3
出納帳A 1.5
出納帳B 2.0
原資資料3.0
指定伝票は当方指定OCR伝票をさす。
出納帳Aは科目記入が有り、残高が一致しているものをさす。
※ 上記の計算は、あくまで基準であり、お客様の状況に応じて柔軟に対応しています。
どうぞ、安心してご相談下さい。